U橋は、そのまま日名子氏との関係を継続していたが

U橋は、そのまま日名子氏との関係を継続していたが、わたしとはまったく没交渉。

一度、電車の車内で遭遇したが「おう」と一言挨拶する程度だった。

しかし、まあ、それもこれもいまや「恩讐の彼方」。亡くなられたとなれば線香のひとつも手向けたくなってくる。

そういえば、この日は錦糸町で河内音頭大盆踊り大会が開かれている。この会のたちあげに尽力した故・朝倉喬司さんと日名子さんは、ものすごく親しく、当時は毎年この会に顔を出したものだ。デザイナーズマンションの相場って?

ふたりの知人の連続の訃報は、この日、かなりの精神的ダメージとなったが、締め切りは締め切り。こちらもちゃんとこなさねばならない。

22:30ごろには書き上げ、23:00にはF者を出て飯田橋駅へ。

やっぱり、飲まずにはいられない。高円寺で下車し、Goodyでビールとウイスキー。
店にいたコータくんと竜ちゃんに移動し、緑茶ハイを飲む。

ちょっと飲みすぎたので、3:20ごろ、大和陸橋の交差点からタクシー帰宅。