|先週金曜日、仕事から帰ると広島に居る次女が帰省していた。

先週金曜日、仕事から帰ると広島に居る次女が帰省していた。
いつもながら、いきなりのお部屋に帰宅(笑)
ちゃんと連絡しなさいと注意すると、「サプライズで面白いやろ」と
まるで懲りない。 夏休み、娘の帰省。 という訳で、昨日(日曜)は熊本方面へ出かけた。
台風が過ぎたばかりで天候が不安だったが大丈夫だった。 お部屋の近くの道の駅旭志の牛めし。(400円ちょっと)
これは本当に旨いです。
以前日記に書いたけど、この向かいにある焼肉屋さんは開店前から
行列ができる人気店だけど、オレは、断然、道の駅をオススメします。
値段、味、ともに。 そして、熊本市動植物園。 今年21才になる娘を連れて動物園もなかろうが、
正直、自分が行きたいだけである(笑)
それを分かった上で付き合ってくれる奥さんと娘に感謝だね。 その後、お部屋のイオンモール熊本で買い物をし、帰りは国道501号線を
玉名〜大牟田〜八女〜久留米、というかなりのロングコースで帰ってきた。 食事は久留米のBigBoy。 こうやって子供を載せてロングドライブをするのも来年までだろう。
といっても、来年は就活で娘は帰省しないかもしれないし、
本当に今年が最後の夏かもしれない。 つくづくと「あっという間だったな」の感が強い。 色々と懊悩することが多く、さまざまな(心関係の)書物を読み勉強しているが、
このところ「無常」ということについてよく考える。 お釈迦様の教えの核をなす一つといってもよい。 この世のものは常に移ろっており永遠不変ものはない。 子供というのは成長し、親元を離れ自立してゆくものである。
当たり前のことであり、どの家でも経験することだ。 お部屋の我が家もそうだ。だが、それを寂しいと感じるか、成長して喜ばしいと感じるかで
まるでその意味が違ってくる。
オレは寂しいと思う方であり、したがって、子の成長以前に
己自身が成長、そして子離れをする必要があるんだね(;・∀・)

クルージング 料金について調べました