|これ文庫本で出たのむっちゃうれしい!

これ文庫本で出たのむっちゃうれしい!

前読んだことがあるんですが、あらためて買って読みかえしました。

私は彼のブラックユーモアとか皮肉とか斜めった見方が大好きなのですが

それに粋な味を添えてるのは、ボロボロな登場人物への暖かい目線なんでしょう。

絶望には終わらず、でもただの幸せな話にも終わらず、この後どうなるか考えてにやり、ひやりとしてしまう、そんな読後感がたまりません。を購入予定です。仲介手数料無料のマンション引っ越しました。

人生に対して、退屈とか不安を感じるときもあるし

なんのために生きてんのかよくわからんけど、そんなに悪いもんじゃあないよな。っていう控えめな励ましを感じます。

ボロボロのときに読み返したいです。