|当時はR&Bやゴスペルに代表される「濃い

当時はR&Bやゴスペルに代表される「濃い色」のミュージックに
影響された歌が主で有りました。
ですがカーペンターズは「白」いやまさにカリフォルニアの空の様で御座います。
また、アメリカには50’sと云う黄金期が存在しました。
カーペンターズの殆どの作詞を手掛けたジョン・ベティスは
日本製の携帯ラジオから流れたフィフティーズに昔を懐かしみ
イェスタディ・ワンス・モアを作成したと発言して居ます。ライオンズマンション三軒茶屋仲介手数料無料でマンション探し。
ですから、其方の延長線上に存在する物なのかも知れません。

現在、カーペンターズのCD等をお持ちの方、
是非とも今直ぐプレーヤーに入れて聞いて見ましょう。
また、一枚もお持ちで無い方。
現在は残念?な事にお店の片隅のワゴンに格安なタグを付け
お求め安い金額で名盤を入手可能で有ります。

時として、「時間」は無情・・・

「また、聞いてみる」

決して昔を懐かしむのでは無く
「現代人に最も必要」なバイブルであると感じて居るからです。